スポンサードリンク

趣味系のグッズ

Roland 電子ドラム V-Drums HD-3を衝動買い

投稿日:

Pocket

このページは新しいサイトに移転しました。
新しいサイトへ自動的にジャンプします。

drums
今回は個人的な趣味、楽器について書いてみようと思います。
楽器の中でも「電子ドラム」です!

実は半年ほど前に電子ドラム(昔はエレキドラム、エレドラなんて言い方もされてた)を衝動買いをしてしまいました。
ローランドの『V-Drums Lite HD-3』という電子ドラムです。

ネットで存在を知り、口コミや感想を読んで楽器屋で叩いてしまい、思わず買っちゃいました・・・。

【スポンサードリンク】




【今の電子ドラムはスゴイ!!】

僕は10代の頃、ずっとドラムをやっていたのですが、20代になって東京に出てきたのを期にやめてしまいました。だからもう20年もドラムに触ったことがありませんでした。
ところが、ある日何気なくYoutubeを見ていたら、電子ドラムを叩いているムービーがあったのでなんとなく見てみました。
「へぇ、最近の電子ドラムは出来がいいんだなぁ」と感心しながら、何回か見ていました。

それから数日後、仕事で新宿に行った時、時間が少しあったので、そういえばこの近くに楽器屋があったなと思いふらっと立ち寄ってみました。
するとこのV-Drums Lite HD-3が置いてあったので、「おっ、ネットで見たやつだ」と思い、久しぶりに叩いてみることにしました。

80年代の大昔、CCBが使っていたことから電子ドラムが流行ったことがあったのですが、
あ、知ってます?CCBって。ココナッツボーイの略でピンク色の髪の毛したバンドで「ロマンティックが止まらない」という曲で大ブレイクしました。
そのCCBが使っていた電子ドラムは音が『ポ〜ン』とか『ピョ〜ン』と鳴る程度の楽器で、叩き方をどう変えようが同じ音しか鳴りませんでした。

ところが!叩いてみて驚いたのは叩き方を変えると、本物のドラムのように色んな音色になるのです。
例えば、スネアの音も弱く叩くとスナッピーの音が目立ち、強く叩くとスネア全体で響く音色が出ます。
タムも強弱で音色が変わります。あと驚いたのがシンバルロールの音が再現できること。

(これがシンバルロールの音。両手でシンバルを連続して叩いて出す音)

いや〜、今の電子ドラムってこんなに細かいところまで本物に近い表現ができるんだとYoutubeで見た以上に感心しました。
値段を見ると8万円以上します。
う〜ん・・・、高いけど欲しいなぁ・・・。
マットを敷けば、キック(バスドラム)の振動もないみたいだし、家に置いてもあまりうるさくないんじゃないかなぁ。ドラムは全身運動になるから、運動不足の僕にはちょうどいいんじゃないかなぁ、などと考えながら悶々と数日が経過しました。

奥さんにそのことを打ち明けると、
「えぇ!!どこに置くの!?絶対邪魔になるよ!!」
と言われ、2階の自分の部屋なら置けると反論すると、自分の小遣いで買うなら好きにしてくれと半分呆れるように言われたのですが、それからもうしばらく悩んだあげく思い切って買ってしまいました(^^;)

【スポンサードリンク】




2日後、仕事から帰ると玄関にものすごい量のダンボールが届いていて、
「おぉ〜きたきた!!」
と夕飯も食べずに自分の部屋に運んで組み立てを開始しました。

配線がちょっと面倒くさいですが、早く叩いてみたくて必死になって組み立てました。

drum01(設置後のローランドV-Drums Lite HD-3)

20分ほどで組み立て終わって、椅子に座り、打面を調整し、スティックを握って、いざ、
「ワンッ トゥ スリー キャモンッッッ!!
「♪ドッ タッ ドドッ タッ♪」

感動しながら叩いていると、奥さんがドタドタと上がってきて
「うるさ〜〜〜いっっっ!!!」

えぇ!?ホントに!?ちゃんとマット敷いたのに!!

奥さんを2階に残し、僕が1階に降りて適当に叩いてもらいました。
スネア、タム、シンバルはいいのですが、キックがめちゃめちゃ響きます。
こ、これはうるさい・・・。ダメだこりゃ・・・。

というわけで、1階に人がいるときのドラムはNGになりました・・・。

次の土曜、奥さんに
「いい天気だから子供を連れて散歩にでも行ってきたら?」と見え透いたことを言い、
「ドラム叩きたいからって追い出そうとしやがって」と言われましたが、
じゃあ買い物に行ってくるとのことで娘と家を出て行ってくれることになりました。

「行ってらっしゃ〜い!!」(^o^)/
そのまま2階にダッシュして、思い切り叩いてやりました。汗だくになって1時間ばかり・・・。
20年ぶりのドラム。当然腕はめちゃめちゃ落ちていますが、とても楽しいです。

実際叩く時はミキサーにHD-3をつなぎ、Macもミキサーにつなぎ、ミキサーにヘッドフォンをつないで、Macからお気に入りの曲を流して、曲に合わせて叩いたりしています。
元の曲のドラムと自分のドラムが重なって、ほぼドラムみたいな感じになっちゃいますがめちゃめちゃ楽しいですよ〜(^^)

そんなわけで、こちらはRoland『V-Drums Lite HD-3』のデモ演奏ムービー

【スポンサードリンク】




【ローランドの電子ドラムの口コミ】

僕も読みましたが、電子ドラムの口コミはどうなっているのでしょう?
モデルが色々あるので、今回は僕が買った「V-Drums Lite HD-3」に絞って、いくつかご紹介します。

(価格コム)
◯集合住宅でドラムをやるには・・・という悩みをこれ一つで解決してくれました。
 環境により時間帯などはそれぞれ変わるでしょうが、それでも、性能や静音性、
 価格を考えるとこれが良い選択だと思います。ただ、あくまでも電子ドラムですので
 本格的にやるなら生ドラムが一番なのですが。

◯ヘッドフォンで練習すると完全に自分の世界です。IPODをつないで曲に合わせて叩いてます。
 一度ステージでも使いましたが、PAシステムに直接つなぐととても良い音がします。
 オプションのアンプは・・・残念ですが、見掛け倒し。20Wでは音量も音質も不十分。
 ドラムだけで音を出す分にはまだ大丈夫ですが、他の楽器が混ざると力不足。
 ボリューム上げすぎると音が割れてだめ。
 個人練習はヘッドフォン、バンドであわせる時はPAにつなぐようにして使ってます。
 入門機ですので、いろいろと制約がありますが、それでもこのコンパクトさと手軽さで
 十分満足しています。とにかく叩いて楽しいドラムです。


(Amazon)
◯スネアがメッシュなのは、とても感動です。コンパクトで場所をとらないので家でやるのには最適!
 しかし、コンパクトすぎてそれぞれのタムの位置関係が実際よりはるかに近いため、
 このタムに慣れて生ドラムをたたくと、追いつかない場合がある。
 また、クラッシュシンバルとライドシンバルの高さが同じなので、
 ライドでビートを刻むときは不便かと。。。
 ライドを普通の高さくらいまで下げてみましたが、ロータムとかぶってしまいたたきにくくなります。
 ペダルも、生のペダルに近いですが、このタイプのペダルは少しセンサーに触れただけでも音が
 鳴ってしまうのでそこだけ意識していれば問題ないと思います。
 ハイハットのペダルは、正直やらない方がましなくらい違います。
 この感覚でやっても、まったくと言っていいほど生では通用しません。

◯「リビングにドラムのある生活」が可能に
 標題のようなコンセプトを叶えるべく、家庭向けに最適改良された練習マシーン。
 拡張性やセッティング自由度など上位機種と比較すれば劣る点もあるが、
 ホームユースとして割り切った考えが出来れば、これ程に日常生活に馴染む電子ドラムは他に無いと思う。


といった感じで、生ドラムと比べるとそれはもちろんダメで、そもそも比べてはダメだと思いますが家庭でドラムが叩けるようになったという点は、本当に大きいと思います。

「V-Drums Lite HD-3」はもう完売で売られていませんが、僕のように昔ドラムをやっていたという人は、ストレス発散、運動不足の解消になることは間違いないので、これを期に始めてみてはいかがでしょうか?
本当に楽しいです。

そして、もう数年したら我が子にもドラムの叩き方を教えようと思います。
子供がドラムを叩けるようになれば、親子でバンドもできます(^^)
夢が広がりますね〜!!

というわけで、「ローランド電子ドラム 口コミや感想から衝動買い」でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【スポンサードリンク】




スポンサードリンク

-趣味系のグッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© プチマイブームなグッズ達 , 2020 AllRights Reserved.